今回の記事では、肩幅を小さくする方法を紹介しま…… と思ったのですが、肩幅はどうやって決まるのか、肩幅が狭い・広いとはどういうことなのか知っておいた方がいいので、今回の記事では肩幅についての考え方を説明しますね!

骨を小さくすることはできない

まず、肩幅を考えうえで知っておきたい、肩幅とは何かについて説明します。

肩幅の測り方にはいくつかの方法があります。一つは、肩峰幅(けんぽうはば、かたみねはば??)でもう一つが襖法(ふすまほう)です。

肩幅の広い女性のコミュニティでは、「肩峰幅」と「襖法」という言葉がよく飛び交っています。「私は、襖法で43cmもあります!!」とか、「片峰幅で39cm」といった感じです。

肩峰幅は、ブラウスやカッターシャツを買うときに測るやり方です。左右の肩の骨(肩甲骨の一部です)を、首の付け根の骨(C7)を通るようにメジャーで測ります。この片峰幅は、骨の大きさで決まってしまうので、小さくすることはできません[骨を切る、手術をするしかないです]。

それに対して、襖法は文字通り襖の間に挟まって測るイメージです。筋肉や腕の脂肪を含めて、実際にその人が占有している幅を測ります。この襖法の肩幅は、ダイエットしたり、筋肉を落としたり、そして肩を後ろに回すようにすることで、小さくなります。

最近の家だと、洋間しかなくて、襖がないかもしれませんね。

肩峰幅と襖法で測った肩幅「襖幅」の関係については、ある方のブログ記事が詳しかったので、引用させていただきました。

極端ななで肩の人の場合、「肩峰幅」が、襖幅より大きいことがありますが、基本的に襖幅のほうが2センチ以上大きいです。

肩峰幅は基本的に変わりません(巻き肩の人は姿勢を直すと少し小さくなります)。
襖幅は三角筋の太さ、二の腕の脂肪の厚さ、上腕二頭筋の太さ、上腕三頭筋の太さで変わります。

肩幅の測り方: かたはばひろみの逆三角形ブログ より

「襖幅」は、腕の太さも含まれますので、肩峰幅より広くなるらしいです。しかし、なで肩の場合は、肩峰幅が広くなることもあるみたいです。なで肩の人は、肩甲骨が下がっているため、首の骨のでっぱりと肩甲骨が離れているからだと思います。

 

でも、肩幅を小さくしたい!!

残念ですが、肩の骨の大きさは手術以外で変えることができません。MTFの場合、男性ホルモンの影響を受けて、肩の骨も成長してしまっているのです。私もこのことを知ったときとても悲しかったです。

身長や肩幅は変わるの?~気にしないで、ほかのことを頑張る~

しかし、肩幅(肩峰幅)を小さくすることはできなくても、「襖幅」を小さくすることならできます!! ダイエットをしたり、筋肉を落とせば、上の太さが細くなる分、小さくなります。

また、肩を後ろに引くようにしたりすることで、肩幅を実際より小さく見せることもできますよ。

 

女性の肩幅も広いです。。気にしない、気にしない。

今度、多くの女性が集まる場所へ行く機会があったら、よ~く後ろから肩を観察してみてください。思っている以上に大きいはずです。女性は胸があるため前から見ると肩幅が小さく見えますが、後ろから見ると意外と広かったりします。だだし、背が小さい女性は肩幅も小さいです。私も、肩幅を観察していたことがありました。「なんだ、女性の肩幅も広いのね」って思っていたら、仲間(MTF)が混ざっていたなんていうことも・・・(笑)

下の図は、インターネットで肩幅についてのトピックがでると、絶対と言っていいほど引き合いに出される表です。もともとのサイトが閉鎖してしまっていて、見ることができませんので、便宜のために引用させていただきました。

身長別−男女の肩幅の平均 より引用(リンク消滅)
※クリックすると拡大します

同じ身長でくらべると、さほど差がないですよね。普段は気にしないで、ここぞというときではパス度を上げるために必要だったら、後で紹介する肩幅を小さくみせる工夫をしてもいいと思います。

 

また、趣味で女装する方向けに書かれた『今日からオンナノコ!!【改訂版】』という本に、肩幅についてとても参考になることが書いてありますので、紹介します。

4つめの肩幅ですが、これは誤解が原因でコンプレックスになってしまっている部位です。(中略)実は男女で肩幅の広さに大きな違いはありません。同じ身長の男女ならば、せいぜい1~2cm程度の差しかありません。
(中略)

1つは肩が付いている位置が男女で微妙に異なるという点で、もう1つは単に男性の方が体格が立派だからです。つまり、肩幅の広さが気になるという人の大半は、本当は身長が高いために華奢で小さな体格になれないことが悩みなのです

今日からオンナノコ!!【改訂版】』、烏山仁・樺昭子・国陸綽・ほか著、三和出版、2014、p.105
(太字は筆者による)

この本は、趣味で女装をする方向けに書かれているので、華奢な体格になれないことが悩みと書いてあります。MTFでしたら、大きな体格が男性らしいから悩みであったり、体格のせいでなかなかパスできないことが悩みだったり、身長のせいで男性に甘えられないといったことが、悩みですよね。でも大丈夫です、身長が高くてもパスする方法はありますし、性別移行が進んで、女性らしくなると、身長なんて関係ないって思える日が来ます。

人間の知覚は思い込みの影響を受けやすいそうです。女性は肩幅が小さいって思っているから小さく見えるというのもあるかもしれませんね。

女性の肩幅が小さく見える理由

  • 胸があるため、肩幅が小さく見える
  • 女性の方が肩甲骨の間が狭く、肩が後ろについているため、見た目の幅が狭く見える
  • 女性の方が身長が低く、また体格も小さいため、肩幅も小さい
  • 女性はハイヒールを履くため、見た目の身長が高くなり、相対的に肩幅が小さくなっている

 

肩幅を小さく見せる方法は、次回の記事で書きますね。お楽しみに!

 

おまけ:初めて女性らしい服装をするときの参考書

記事の中で紹介した本です。

女装と性同一性障害(MTF)で女性化したい人では、趣味か人生そのものかという違いがあるでしょう。それでも、女性化を始めたばかりのころは、ファッションやメイクなど女性らしさを身に着けるために、女装の本や女装サロンが役に立つこともあります。

by カエレバ

 

私が読んだ中では、一番よくまとまっている本です。メイクの仕方から、ストッキングの着方、下着の選び方、ファッションコーディネートの基本まで、初めて女性らしい服装をするための知識がいっぱい詰まっています。

女性らしいしぐさについての説明も詳しいです。

ついでですので、同じような本も紹介します。

by カエレバ

 

こちらも似たような本ですが、メイクの手順をテイストごとに写真付きで説明しているのが特徴です。

本を読んでもわからなかったら、女装サロンで聞くのも一つの方法ですが、値段が高いのが難点です。性別移行を始めようと思っているけど、なかなか第一歩が踏み出せない方は、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 , , , ,