他人や社会の役に立っているという感覚

お金が得られ衣食住が満たされたら、次に必要なのは「自分は誰かの役に立っている」と思えることです。アメリカの心理学者で人間性心理学の生みの親として知られるマズローは、人間の欲求を5段階に分けて説明しました。

  1. 「生理的欲求」
  2. 「安全の欲求、安定の欲求」
  3. 「愛情の欲求、所属の欲求」
  4. 「承認の欲求、自尊の欲求」
  5. 「自己実現の欲求」

お腹がすいたら食べる、眠ければ寝るといった生理的欲求や安全の欲求などは、どんな人にもあるとされています。基本的には、基本的な欲求が満たされると、それより高度な欲求が出てくるそうです。

欲求が満たされないと、文字どおり「欲求不満」になります。幸せじゃないですよね? これらの欲求が満たされているかどうかは、幸せかどうかを決める一つのモノサシになるのではないでしょうか。

先ほど、「お金があること」が大切だと書きました。お金があれば、ごはんが食べられますし、服も着られます。そして住むところも得られるでしょう。すると生理的欲求や、安全の欲求が満たされますよね。

さらに、お仕事をすることで、会社やお店に所属することができ、「自分も社会の一員なんだ」っていう感覚が得られます。そして「自分は自立した一人前の人なんだ」って自信が出てきます。

仕事をすることで、自尊心も高まります(素材集サイトから。※モデルさんはMTFではありません)

お仕事をすると、その対価としてお金がもらえますよね。これって、自分の働きが他者に認められたってことなんです。そう、承認されたいという欲求が満たされるのです。

他にも、落ちているごみを拾ったり、困っている人のためにボランティア活動をすることも、私たちを元気にしてくれます。「自分は人の役に立っている、必要な人間なんだ」って思えるからです。

世のため人のために頑張っているあなたを見て、差別していた自分こそが悪かったと気づく人もいると思います。そして、そういう人は信頼されます。「情けは人のためならず(相手のためにしたことは、自分に返ってくる)」ということわざは、嘘のようで本当なのです。

自分だけよければいいと思っていると、どんなにお金があってもむなしい感じが残ります。自分のことしか考えていない人は、必ず見抜かれるからです。結局、誰からも尊敬されません。また、自分が正しく生きているかどうかは、自分が一番わかっています。悪いことをして生きていると、自分を好きになれないと思います。

そして、社会のため、他人(ひと)のために、工夫をしてお仕事をする中で、自己実現の欲求が満たされます。自分はこうなりたい、この仕事をやり遂げたいと計画(Plan)して、実行(Do)し、うまくできているかチェック(Chack)し、うまくいっていなければ、より良くなるように行動(Act)する――PDCAサイクルを回していくことで、日々自分が向上してきます。こうして成長し続けることが、自己実現なのではないでしょうか。

すぐにできなくてもいいんです。それよりも、ちょっとづつでもいいので、マイペースで前向きに進み続けることの方が大切だと思います。私もまだぜんぜん出来てません笑

信頼できる親友(&恋人)がいること

私たちが幸せに生きるために必要な大切なこと、3つめは信頼できる親友(や恋人)がいることです。お金や地位、名誉があっても、一人だとさみしいですよね。私も一人だったことが多いので、よくわかります。一人でいることが好きな私でも、ずっと一人は嫌です。友だちとお話したり、遊んだりすると、楽しいですしストレスの解消にもなります。また、人間は一人では何もできません。困ったときに手を差し伸べてくれる友達は大切です。

友だちが大切とはいっても、どんな友だちでもいいというわけではないです。悪い友だちに囲まれると、自分も悪い方向へ引っ張られてしまいます。自分が間違ったことをしようとしている時には、それを止めてくれるような人が本当の友達であると、私の尊敬する方はおっしゃっています。

また、一緒にいてあまりに気をつかう友だちも、疲れますよね。お互いに助け合い、高めあっていける友だちをつくりたいですね。

まとめ

ここまで、人間が生き生きと生きていくために大切なことを、紹介してきました。

  • お金(お仕事)があること
  • 他人や社会の役に立っているという感覚
  • 信頼できる親友(&恋人)がいること

でしたね。

偉そうなことを書いてしまったかもしれませんが、実は私もまだまだできていません。自分でも再確認するつもりで、書かせていただきました(私も日々成長しています!)。

「そんなこと分かっている。若いくせに生意気よ」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。それでも、あなたの人生をよくするために大切なことを、再確認していただけたなら、私もうれしいです。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。幸せになりましょうね☆

 

 , , , , ,