MTFの女性化に欠かせない、女性ホルモンですが、摂取するには副作用などのリスクが伴います。

また、女性ホルモンを注射出来る病院は限られているなど、ハードルは決して低くありません。

一日も早く女性ホルモンを取りたいけど、周囲の目もあり難しい場合もあるでしょう。

そこで、まずは食事やサプリメントから女性ホルモンに近い作用があるイソフラボンなどをとってみてはいかがでしょうか。

大豆に多く含まれるイソフラボン

女性ホルモンに近い物質といえば、イソフラボンが有名です。

イソフラボンは大豆などの豆類に多く含まれています。

touhu

豆腐や納豆、味噌など大豆食品は多いですが、おすすめは納豆です。

標準的な納豆1パックにイソフラボンが、約36mg含まれています。

健康維持のための一日の摂取基準は、75mgほどなので2パックですね。

MTFはもっと多くとったほうがいいでしょう。

納豆

 

 

納豆はスーパーなどで激安で売っているので、お手軽ですよね。

納豆が苦手な方は、お豆腐!!

 

イソフラボンは女性ホルモンに近い働きをしますが、食品なので安全です。

※過剰摂取は控えた方がいいといわれています。(直ちに健康被害はありません)

さすがに、納豆を1日10パックも食べるかたはいませんよね(;・∀・)

イソフラボンのサプリメント

もっと手軽にイソフラボンを摂取したい!

もっと大量にとりたい! という場合は、イソフラボンのサプリメントを試してみてください。

サプリメントは通販で購入するとお得です。⇒ イソフラボンのサプリメント

 

 

 

 

 

 

※大豆アレルギーの方はご注意ください。

 

 , , ,