ここのところ、女性ホルモンのお薬、プレモンが入手しにくくなっています。

私はまとめて買っておいたので、しばらくは大丈夫だったのですが、ストックがなくって追加で買おうと思ったら、まだ売り切れでした。

MTFにかかせない女性ホルモン剤、ないと困りますよね。

オオサカ堂さんに問い合わせ

そこで、いつ頃入荷されるのか、あるいはもう取扱終了なのか、オオサカ堂さんに聞いてみました。

オオサカ堂 担当 〇〇と申します。
平素より弊社サイトをご利用頂き、誠にありがとうございます。

>  女性ホルモン、プレモンがしばらく前から「入荷待ち」になっていますが、再入荷の予定はありますでしょうか? ある場合は、おおよそで構いませんので、入荷予定を教えていただけると助かります。

上記ご連絡につきまして、現在入荷待ち商品の次回の入荷予定は未定となってございます。
ご不便をお掛け致しまして申し訳ございません。
なお、現在のところ、プレマリンでございましたら、お取扱がございます。
https://osakadou.org/detail/019419_nz-premarin0.625mg.html
ご検討を賜れますと幸いでございます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

(担当者のお名前を伏せています)

この文面を見る限り、取扱終了ではなさそうです。しかし、再入荷までもう少しかかりそうな感じがします。

プレモンの代わりは?!

プレモンは、プレマリン(結合型エストロゲンを主成分にするお薬)のジェネリックです。代わりになるお薬をまとめて見ました。

コスパでおすすめ エストロモン

1錠0.625mg、1箱100錠入りです。成分は、プレモンやプレマリンと同じです。

プレモンには1.25mgと0.65mgがありましたが、エストロモンは0.625mgだけです。

でも、プレモン1.25は56錠入りですが、エストロモンは100錠入っているので、値段はそんなに変わらないかもです(エストロモンの方がちょっと高いですね)。

感想やレビューをインターネットで見て見ると、エストロモンの方が品質がいいという声も。もし、プレモンの代わりにとのことでしたら、エストロモンがおすすめです。

 

 

アイルランド版 プレマリン

プレモンやエストロモンの、先発医薬品プレマリンのアイルランド版です。

オオサカ堂さんでは「アイルランド版」って書いてますが、私が調べた限りではアイルランドのファイザーがインド向けに販売しているパッケージです。

錠剤の色や形が、日本版プレマリンにそっくりというか、ほぼ同じです。並べたら、どっちがどっちだか全くわかりません。

日本版のプレマリンと同じ製造元なのかなって思っています。

オリジナルのプレマリンがいい、ブランドがいいって人はこれがおすすめです。

 

ニュージーランド版 プレマリン

プレマリン ニュージーランド版です。私は試したことがないので、詳しいことはわかりません。

アイルランド版と同じ値段ですが、オオサカ堂の人はこれを提案していました。

写真を見る限り、錠剤の色が赤く、昔のプレマリンに似ています。

私だったら、アイルランド版を選びます。

 

 

どうしても1.25mgがいい場合

くすりエクスプレスさんに、プレマリンの1.25mgがあります。1.25mg 84錠入りで、5480円(2017/05/05現在)です。

私が、初めて個人輸入したプレマリンがこれでした。その当時は、7000円以上したと思います。そのあと、くすりエクスプレスは高いってイメージでしたが、最近は安くなっています。
プレマリン1.25mg 1箱(合計84錠)

 

プレマリン・エストロモン・プレモンの飲み方

海外の論文で紹介されている使用量を紹介した記事がありますので、リンクしておきますね。

MTFは飲みすぎる人が少なくないですが、副作用の危険性が高まるので、飲み過ぎは注意です。また、もしあなたがホルモン剤を始めようかどうか迷っている場合は、やめておいた方がいいです。自己判断での、ホルモン剤の服用は自己責任です。

安くて便利な女性ホルモンの摂り方:注射より個人輸入がお得?!

女性ホルモンで女性化~確実なホルモン量と方法~

いざという時に備えて、ストックを!

私たちMTFに欠かせない、女性ホルモン剤ですが、売り切れになることもあります。

できたらストックしておくといいと、あらためて感じました。災害の際など、すぐに手に入るかどうかわかりませんので、そういった意味でも買い置きしておくと安心です。

 , ,