女性ホルモン剤にはたくさんの種類があります。働きからわけると、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2つにわけられます。

まず、プロゲステロンの種類については、MTFに用いられるものは限られているので、さほど迷わないでしょう。

それに対して、エストロゲンは生理活性から分けられる分類だけでも3つあります、また、それぞれがさまざまに合成された型があり、複雑です。

そこで、この記事では、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)について、比較します。

エストロゲンの分類

エストロゲンの分類には、生理活性の強い順にエストラジオール(E2)>エストロン(E1)>エストリオール(E3)があります。

エストラジオールは、最も生理活性が強く、身体の女性化作用が強いとされているので、広く使われています。下の表をみてください。エストラジオールは国内の処方薬も多いですよね。また、錠剤だけでなく、注射剤やゲル剤、貼り付け剤(パッチ)と種類が豊富です。

続いて、エストロンです。これが主成分として働くお薬は、「プレマリン」です。MTFのみなさんなら、おそらく一度は耳にしたことがあるかもしれません。歴史の古さや知名度、入手のしやすさから、非常によく使われています。

そして、最後がエストリオールです。これは生理活性が弱めなので、主に女性(純女)の更年期障害や膣炎、分娩時の補助に使われます。MTFが女性化に使うには、弱いとされています。実際にあまり使われていないようです。

horumonbunrui-e1-e3

何を使えばいいか。リスク・効果・費用で比較

MTFの女性化目的で主に使われるのはE1(エストロン)かE2(エストラジオール)です。これらを含む薬剤は多くあります。何をどれくらい使えばいいかは、その人の体質や体調などによって違いますし、反応にも個人差がありますので、一概に言えません。

そこで、ここでは一般的に考えられている価格やリスクなどを元に、比較してみました。注射以外のお薬は、個人輸入することを想定しています。※かなり主観が入っていますし、座標はアバウトです。。

riskxcost

比較的リスクが低く、価格もお手頃なのは「結合型エストロゲン(プレマリン・エストロモン・プレモン)」、「エストラジオール【ゲル・パッチ】」、「エストラジオール【病院で注射】」です。

costxeffect

効果が高く、安いのは、「エチニルエストラジオール【錠剤】」、「エストラジオール【病院で注射】」、「エストラジオール【パッチ・ゲル】」です。※エチニルエストラジオールは、副作用として血栓症のリスクが非常に高いため、やめておいた方がいいです。

>>次のページでは、これらの比較から何を選択すべきかを解説します。